寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

でも名作でしょう

2006.11.17 Friday

また人気マンガ家が亡くなった。石川賢さんだ。
元ロッテのエース石川賢さんや中日の石川賢とは当然別人、
代表作『ゲッターロボ』は、師匠の永井豪との原作者だ。

僕が小学生の頃、TVアニメで放映し大人気となった作品だ。
3人の操縦者つまり主役が、ゲットマシン乗り込んで、
空中用、地上用、水中用の3種のロボットに合体するのだ。

乗り物→合体→戦闘ロボの元祖だ。
マンガはアニメと違い、ゲッターのデザインや話が違う、
当時マンガも見たが、全く別物ととらえていた。

裏番組で『タイムショック』があり、あまり見れなかったが、
大好きな作品に違いなかった。
しかし、中学になってからゲッターのことは忘れてしまった。

大学の頃、復刻版が発売され、懐かしさで購入した。
長編マンガになっていた『ゲッター』にはまってしまった。
その頃『ゲッターロボG』『ゲッターロボ號』と続いた。

その後『真ゲッターロボ』『ゲッターロボアーク』と続くが、
とにかく、話が複雑すぎて、読んでいて分からなくなる、
コミックにして15巻なのだが、僕には難解だ。

実は『ゲッター』は終わっていない。
難解ためなのか、みんなついて行けないから打ち切られた、
いったいゲッターはどこに行くのだろうと思っていた。

石川さんは58歳だった。マンガ家は命を懸けているんですね

コメント

コメントする

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other