寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

口上

2008.07.09 Wednesday

今年3回目の落語を聞きに行きました。
ちょっと前なら、年に1.2回しか行かないのにね、
これも『ちりとてちん』効果でしょうか。

ココでは、ってよりか、あまり打ち込みたくない小屋に行く。
有楽町駅となりになる家電量販店の上にあるホールだ、
公演名は『立川談志一門会』だ。

実質上、生志の真打昇進披露会だ、初めて口上を生で見た。
談志と陳平さんのフリートーク化した口上だった。
東京で3回目の披露会なので一門会にしたのだろうな。

志の吉『牛ほめ』談笑『堀の内』文都『青菜』と定番が続く。
談笑さんと文都さんは好きな噺家だし、
はずしがないく、定番でも楽しく聞けるんだよね。

主役の生志は『船徳』。初めて聞く噺だ。
談志だ!実は2年ぶりなんだよね。
喉にカビが生えた病になり声が出ないが、凄かった。

『田能久』という、舞台が四国で、おとぎ話のような噺、
市原悦子さんが語ってもいいんじゃないか。
まぁ凄かった。声が出ない老人がこんなに話せるのか。

まくらから1時間以上は、語っていたんじゃないかな?
田能久が終わった後、小話をするし、絶好調じゃないですか、
病気がなおったら、どうなるんだろう、もっと凄いんだろう。

立川流名物、弟子による談志の物真似を3人とも聞けました

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other