寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

毎度のこと

2006.01.12 Thursday

僕の職場はとても寒い。
以前も書いたことがあるが、室温が17度以上上がらない。
床から高さ50センチくらいは14度程度なのだ。

暖房もセンサーが働くのか気づくと冷たい風が吹く。
コートとニット帽をかぶりMacに向かって仕事をする。
たまらないので、適当に切り上げジムに向うことにした。

中央線で帰宅。人身事故が発生、1時間も止まってしまった。
電車が止まることは、中央線利用者にとって大したことない。
日常茶飯事だし、イチイチはらをたてているヒマなんかない。

周りの方も顔色変えず、平然としている。
携帯で自宅に連絡する方も、穏やかな口調で話をしていた。
止まった駅が『武蔵境』なので迂回できないのが痛かったが。

更に追い討ちをうけた。
読んでいる本を読み終えてしまったのだ。困った!暇になる!
う〜ん、立っているので寝ることもできなので読み返した。

中央線は、寒い時期に長時間停車の場合、扉は開いたままだ。
小田急線などは一車両に一つの扉を開きあとは閉めている。
もう寒かった。寒いのが耐えられないので帰宅したのに〜

この対応に立腹したオヤジが車掌にクレームをつけていた。
即、扉を閉めてくれたが、全て閉めていた。
そうか、この車両は器用なことができないんだと納得した。

この1時間のおかげで、ジムで30分しか走れなかった

コメント

コメントする

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other