寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

争わない

2006.01.30 Monday

3月19日に行われる『青梅マラソン』を試走しました。
30キロの高低差が85.8mあるちょっと厳しいコースです。
さらに制限時間もあるので、完走できるかメチャ不安だった。

今日、青梅に参加することに喜びを感じるジムの仲間と試走。
スタートの河辺から走り始め、1キロまで一緒に走る。
その後、互いのペースで走ることにし折返しの川井を目指す。

当日は、景観を楽しむことができないので、
ゆっくりと青梅町並みをを楽しみながら走ることにした。
昔の地元にある高松大通りを思い出すような懐かしい街だ。

コースは噂に聞く通り、アップダウンが激しかった。
高低差があるコースは山中湖くらいだったので、
どこまで足がついていけるかが、最大のテーマだった。

走りづらい歩道を駈けていくと、ランナーとすれ違う。
当日一緒に走るだろう同志であり競いあうランナーだ。
すれ違う毎に手を上げ挨拶をするので、気分がよくなった。

途中、何人もの同志であり敵でもあるランナーに抜かされた、
でも、頑なにゆっくりとしたペースを保った。
何よりコースを体験したかったし、不安を増したくなかった。

折返しの川井まで、1時間32分で走れた。約キロ6分ペースだ。
御岳駅まで走ったが、1時間55分かかった。
制限時間にかからないペースで走れたので、少し安心した。

疲れや足の痛みが出る前に終えたので、残りの距離が心配かな

コメント

コメントする

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other