寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2006.08.02 Wednesday

アメリカンなのだ

本屋に行くと、戦後の占領期頃を書かれた本が目立つ、
最近、東京の地下についての本を読みまくっている、
地下というのはトンネルのことだ。

戦争は、トンネルをいかに使うかが戦力に影響すると言う、
トンネルは戦前から作られいたが、
占領されたビル、土地に関係するか気になっていた。

数社から出版されていたが、
一番まともな編集をする河出書房の『占領下の東京』を買う、
まだ読み始めたばかりなので、まだ評論はできない。

占領といえば、我が街立川にもあった。立川基地だ。
隣にある横田基地の一部が立川にあるため、
日本で唯一同市内にふたつ基地がある市だった。

昔の写真を見ると、横文字の屋号、看板の店が目立つ、
実にアメリカンな街だった。
子どもの頃、外国人が駅前を歩いていたことを覚えている。

自転車に乗り始めた頃、東中神の図書館までよく行った、
その途中に、米軍ハウスがあり、そこを通るのが好きだった。
廃車のアメ車があったり、楽しくてしょうがなかった。

独特の米軍ハウスに幼なじみが暮らしていた。
トイレと風呂が一緒になっていることが驚きだった。
広かったことも覚えている。

まだハウスがあるけれど、独り暮らしだったら利用したいな

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://shimamura.tblog.jp/trackback/101583

トラックバック

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other