寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ぼかぁしあわせだなあ

2006.12.13 Wednesday

ひとつの夢がかなった。
プロ野球の試合を記者席から撮影することだ。
今日マスターズリーグをカメラマン席から撮影をした。

マスターズリーグの企画のひとつに参加したのだ。
僕はプレスなので、どこでも撮影が可能だが、
スポーツの世界になるとちょっと違ってくる。

16時受付。東京ドームの関係者入り口に行き、
手続きをする、参加者は7名。
僕をはじめ4名は三塁側を希望した。

目的は、阪神OBの撮影と村田兆治さんだ。
先日、村田さんは投げているが、
ベンチ入りを目撃しているので、期待をしていた。

練習からグランドで撮影できたが、
緊張で視野が狭くなった感じで、上手く撮影できなかった。
徐々に慣れてきたが、選手の動きが速いのでついていけない。

参加した方に、ニコンの上位機と高価な望遠を持っていた。
見たところかなり明るいレンズだ。
僕のレンズも300mm以上のレンズだが、暗いだよな。

レンズが暗いのでシャッタースピードが1/30〜1/60程だ。
とてもスポーツを撮影する早さではない。
とての悔しいが、それが現実だった。

カメラマン席からながめは最高だった。
迫力満点だったが、撮影にコミットしているので、
試合の展開が全く分からなかった。

300mmのレンズから見ると、間近だ。
アングルだけは、週刊ベースボールに負けない。
でも、レンズとカメラが貧弱すぎて‥

ついに、村田兆治さんが登板した。
とても50代に見えない、現役選手と変わらない動きだ、
この日、140キロ以上のストレートを投げた。

とてかく、撮影をしたが、シャッタースピードが遅すぎる。
それ以上に、カメラが貧弱すぎる、対応できないのだ。
20数万もするレンズと上位機種が欲しくなった

でも最高でした。また参加したいと思います

コメント

コメントする

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other