寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< July 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2008.10.16 Thursday

上方

人間国宝米朝の息子桂小米朝が桂米團治を襲名し、
その披露公演がアミューたちかわで開催するので行ってきた。
立川で落語を聞くのは、志らく以来かな?3年ぶりくらいだ。

なんと、この会、出演者が凄い、超豪華メンバーだ!
桂吉弥、柳家花録、桂ざこばそして笑福亭鶴瓶だよ〜〜
ホント彼らのに落語が一同に聴けるのかと信じられなかった。

前座はざこばの弟子、ちょうばで前座の定番『時そば』。
江戸と少し違う上方噺が聴けた、
そうそう、生の上方は、2度目なんですよ。

次は、吉弥だ。またの名を徒然亭草原ですとの挨拶は感動だ。
枕は、ちりとてちんの裏話。これを半年はしているのだろうな
もちろん、ネタが『ちろとてちん』。

三番手が、談志の師匠で先代の小さんの孫・花録。
東京公演なのに唯一の江戸落語、ネタは定番の『初天神』。
オチが凧揚げじゃなかった。ショートバージョンなのかな?

中入り前、ざこば。得意ネタの『肝つぶし』。
まくらから、TVと変わらないテンションでシャベクリまくる、
娘ネタもでるし、もう少し落語家に徹してほしいな。

中入り後が待望の鶴瓶。一度は聴いてみたかったんだ。
ネタは、創作落語『オールウェイズ母ちゃんの笑顔』、
これって、TVネタのオンパレードじゃないか〜

トリは勿論五代目米團治の『親子茶屋』。
上方だけのネタで、父米朝と四代目の得意とした噺だそうだ、
これが面白く、見事に受け継いだって感じだ。

口上で米朝がいたためか、親子ネタがおおかったね

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other