寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

眺め

2009.01.12 Monday

昼すぎに、中央線下り国立立川間が高架化された。
西国分寺から国立駅手前から高架に入るり、
国立から立川駅手前の上野原踏切りすぎまで高架だ。

西国分寺まで行き、下りに乗換え高架を楽しんだ、
まずは、南側だ。南側の方が、興味があるんだよね。
三鷹国分寺間もそうだが、南側が楽しく見える。

昔、羽衣町に少し住んでいたことがあったからだ。
Yahoo!やGoogleの航空写真とはリアルさがまるで違う。
なんか、鳥になって、俯瞰で見ているようだ。

立川ですぐに乗換え国立に戻った。
真新しい国立のホームから見る大学通りが気持ち良かった。
奥にある歩道橋からの眺めとは、まるで違っていた。

今度は、北側だ。
線路沿い立ち並ぶ団地群には参った…
景観もへったくれもない…

この高架を楽しんでいる阿呆な奴は少なかった。
撮影に熱を入れる鉄と、僕と同類項のオッサンが数人いた、
ドアの車窓にへばりついているから、そうだろう。

3月14日にダイヤ改正だ。たいして変わらないけどね。
あずさが少し増えるらしい、複々線じゃないから迷惑だ、
特急にあたると、ものすごい時間のロスになるもんな。

国立駅が近代的な駅になるのか…なんか淋しいな
| マッスル | 地元 | 00:03 | - | - |

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other