寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

文都

2009.11.01 Sunday

昨日に続いて、嫌な話。
立川流の噺家・立川文都さんが胃癌んのため死去した49歳。
文都さんは僕が大好きな落語家のひとりだ。

もうメチャクチャ哀しい、心がポッカリ穴があいたようだ。
今年の3月に末広亭での高座を見たのが最後だった。
その時は、師匠・談志との話をしてくれた。

今年始めから、高座に上がることが少なく、心配だった。
その後、兄弟子のブラックさんのブログで癌だと知った、
そんなことまで、師匠を受け継いでどうするかと思っていた。

ヤフーニュースなんかで取り上げないくらいの無名だけどね。
昨年、運良く、一緒に飲むことができたんだよね、
面白い雑談をしてくれたことを思い出す。

文都さんは、談春の2週間前に入門し、
修業時代、談春、少し兄弟子の談々とのエピソードが、
『赤めだか』で詳しく書かれている。

談々・文都・談春、後輩志らくの4人が同時に二つ目に昇格。
談春にとって、入門以来ずっと一緒に修行した戦友だ、
でも、談春より地味で華がないが、それが妙に噺家ぽかった。

立川流は、必ずとっていもいいほど、皆談志の真似をする。
枕で、志の輔がやる談志の真似とか談春がやる談志の真似の、
真似を披露してくれた、その分析を可笑しくしてくれた。

文都さんのブログで、師匠から連絡があったと書かれていた。
談志としても、弟子が同じ病気で先立たれるのは無念だろう、
数年前に談々も逝っている、談春の悔しさも相当なものだ。

いま頃、天国で談々や円楽たちと高座にあがっているでしょう
| マッスル | 落語 | 00:14 | - | - |

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other