寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

真打

2009.11.21 Saturday

比さしぶりに落語を聴いてきました。
『立川流の若い衆の会』という訳の分からない会だ、
談志が病欠なので、こんな会になったそうだ。

立川生志『幣間腹』(ほうかんぱら・たいこっぱら)。
太鼓持ちの一八が主役のこっけい話。
次の予定の関係で、とっとと話終えていました。

立川談笑『シシカバブ問答』『蒟蒻問答』の改作。
古典の改作は何度も聴いているが、これは面白くない。
談志に改作もうやめろと言われるのもよくわかる。

立川志遊『湯屋番』。
二つ目もよくやる定番のこっけい話。
いつからスキンヘッドにしたのだろう。

う〜んこれまでの感想は、失敗した!
誰も面白くない、周りもあまり笑っていないだよね。
立川流の会としては、珍しく重たい雰囲気。

実は、同じ時間開催で志の輔の会にも行けたのだ。
しかも文都さんの追想会なのだ、
先に若い衆の会の予定を入れたので、凄く後悔した。

立川志らく『らくだ』。真打登場!正にそんな感じだ!
枕で談志との話でらくだを演ると語ると、拍手と歓声。
談志の十八番を聴けるんだ!今日はこれだけでいい!

40分の熱演、酔っぱらい同士のからみが最高!
まくらを含め、実に1時間以上笑いつづけた。
志の輔を諦め、3人の話を耐えた甲斐があったってことだ。

病気と死をテーマに語った志らくは文都を思っての語りなのか
| マッスル | 落語 | 03:18 | - | - |

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other