寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

傑作

2010.01.09 Saturday

打合せの予定があったのだが、ドタキャンされた。
そうだ!『THIS IS IT』を観ていなんだ!立川でやっている!
即携帯から席を予約し、観に行きましたよ。

すげぇよ。予想以上に良かったです。涙モンだよ。
ダンスと音楽、マイケルがメンバーとのやり取りなどから、
真の音楽性や本当の人柄が見えてきました。

この作品は、「映画」ではなくて、
マイケルのリハーサルを観るといった作品になっている。
誰かのインタビューなどは殆どなく、リハが大半です。

音楽やダンスを最高のものをいつも追求し続けていたし、
最高のエンターテイメントを作るために、
絶対に妥協をしない人だったと再認識しました。

いまで、ライヴのリハを生で観たこともあるし、
有名ミュージシャンのリハをVで何人も観てきたが、
マイケルのメッセージがガンガン伝わってくるんだよ。

なによりマイケルのバックダンサーやミュージシャンたちが、
誇りをもって参加していることに心打たれましたね。
彼らのコメントから、マイケルの影響力を知りました。

この『THIS IS IT』がステージで実現させていたら、
想像を絶する世界になったんだろうな。
興奮して失神する人が続出するのがよくわかる。

流れた楽曲を全て知っていたし、内容も素晴らしかった。
中でも、大好きな『Earth Song』には、涙、涙…
あの映像と、映画のラストには、やられました。

音楽映画としては、最高傑作です
| マッスル | 音楽 | 00:44 | - | - |

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other