寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

夢中

2012.05.01 Tuesday

身体が動かないほど疲れがどっとでてきた。
起きてられないほど、横になってすぐ気を失う、
気づいたら3時間ほど寝ていた。

こんなことを年に数回やってしまう。
ンで、決まって同じ夢を見る。
都市工学を学びに大学に行く夢だ。

大学がどこだか分らないが東京の郊外にあるようで、
古い校舎とキャンパスに木々が並んでいる。
中央線沿線でなく私鉄沿線のようだ。

今回はスクールの仲間がでてきたが、
就職をしないでまた勉強をするんだと自慢していた。
しかし夢の中の僕は睡眠不足で学校に行くことができない。

キャンパスの様子や校内、学食を歩いたり、
ひとり暮らしを始め、長屋のような家を選んだようだ。
そんな内容を長年にわたって何度も見る。

夢からさめると現実と夢が区別できなくなっていて、
学校に行かないと思い準備を始めて気づくのだ。
前世の僕がこの大学に入学していたのかと思ってしまう。

極度の疲労しているときだけ見る夢だ。
疲れているときの夢は深層心理から出て来るというらしい、
都市工学は勉強したかったし、復学したい思いはいまもある。

この夢バリエーションも続編もあるのだ

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other