寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

独演

2012.07.14 Saturday

今週3回目の落語会。
今回は寄席とちゃいませ、独演会でっせ、
寄席と180度真逆の位置にある独演会だ!

独演会とは、ひとりの落語会がひとりで話すのだ。
弟子を持つ落語家が開口一番でやらせることがあるが、
師匠ひとりが最初から最後までしゃべりまくるのだ。

そんな師匠とは立川談春だ。
こはるチャンがきて欲しいと思うが一人だ。
志らくや志の輔の独演会は弟子が一席やるんだけどね。

『南瓜屋』、『おしきり』、『人情八百屋』の3席。
夏期にあった滑稽話と人情話。
おしきりなんて滅多に聴けない噺だ、嬉しかった。

小屋は小平。
以前花緑の独演会を同じ小屋で聴いたが、
おぼっちゃまは郊外は気合いが入らないと言った。

この発言で腹が立ち、それ以来花緑を見ていない。
だが談春は手を抜かない、
郊外でも全力投球だ!

談春は何度も聴いているがネタがだぶったことがない。
これは凄い、志らくなんか3回連続同じ噺があったし。
談志の教えなんだろうな談春さすがだよ。

花緑の祖父は談志の師匠の小さんです
| マッスル | 落語 | 00:09 | - | - |

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other