寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

常識のない新聞なんていらない

2005.07.10 Sunday

天下の朝日新聞で大誤植があった。
『be』という折り込み版だ。赤版と青版があるのだが、
赤版の2面に、阿保天皇という文字が載っている!

当然、天皇はそんな名前ではない。
本当は、平安時代の阿保親王のことを言っているのだが、
打ち間違えは誰でもあるが、何故校正できなかったのか。

調べてみると、昨夜このミスを発見したらしい。
その時間なら、最低配達を止めることが出来る。
地方の配達分でも販売店に配達禁止令もできるだろう。

数々の出版社が皇室をめぐる誤植を起こしてきた。
皇室に限らず、誤植した出版物は世に星の数以上存在する。
私も出版に携わる者なので、何度も経験をしている。

いい仕事をしても誤植があれば評価はされない。
しかし、校正をした者が全て気づかなかった誤植を、
第三者が気づいたことがある。私も経験した。

そんな言い訳は通用しない。出来た出版物に誤植があったら、
それにどう対処するかだ。販売延期、再印刷、次号で詫びる…
とさまざまだ。今回のミスを朝日新聞社は凄い判断をした。

なんとミスした折り込み版をそのまま配布したのである!!!
本紙で訂正を入れたが、そんな! え〜! 考えられない!!!!!
確かに、校正ミスはあります。でもそれは違うだろう!

あっ、私は天皇に興味はありませんからネ

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://shimamura.tblog.jp/trackback/35277

トラックバック

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other