寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

結局、腰抜けなのね

2005.07.13 Wednesday

以前にクールビズについて一度書きましたが、その第二弾。
「クール ビズ」がスタートして、1ヶ月以上。
政治家の間抜けなファッションにはまだ見慣れない。

ところが、通勤電車の車内やデパートなどの商業施設で
冷房の設定温度は例年とあまり変化がないと、報道された。
私の感覚的には、例年より寒いと感じる。

「温度に対する感覚は個人差がある」とか、
「せっかく涼を求めに来たお客さまに悪い」という声がある。
環境問題は二の次という“本末転倒”の結果に終るだろう…。

私は、悪名高い通勤にJR中央線を利用している。
もう寒くてたまらない。ジャケットを着ないと耐えられない。
そんなに暑がりなのか?そんなに感覚は個人差があるのか。

満員時は密着度が増すので、温度を下げないといけないのか。
電車が寒いとクレームもあるだろう、その声は無視するのか、
そんな奴は、『弱冷房車』に行けというのか。

最近、女性専用車が通勤電車に登場している。
痴漢対策なのか、目的は分からないが存在意義があるらしい。
ネがティヴな声には反応するようである。

サービスに対してのクレームは無視するのかもしれない。
確かに、全ての声を受け入れることをするのは難しい。
でも、冷凍車のような電車は体に非常に悪いと思う。

強冷房車を作って、暑がりの方を乗せればいいのに

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://shimamura.tblog.jp/trackback/35824

トラックバック

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other