寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

野茂様、あなたこそ野球の神様です

2005.07.15 Friday

野茂英雄がまた快挙を成し遂げた。
『第76回都市対抗野球大会』は、大阪・和歌山代表に
野茂が主宰するNOMOベースボールクラブに決まった。

NOMOベースボールクラブは、03年に設立、
プロ前を過ごした新日鉄堺のグラウンドを本拠地にしている。
企業の流れをくまないクラブチームの本大会出場は27年ぶり。

新日鉄堺をはじめ、多くの企業野球チームが、廃部になり、
野球を続けたくても続けられない状況を作り出している。
プレーヤーが継続して野球ができる環境をつくることが必要だ

萩本欽一氏のチームや四国アイランドリーグも同じ発想だ。
子どもの頃から野球一本で生活してきた彼らから、
野球を取ったら、元横浜某捕手のように堕落の可能性もある。

アマチュア野球が普及発展していくためには、
子どもたちが社会人になっても継続してプレーできる環境が
あり、指導者のいるチームが増えることが第一歩だ。

某金満チームの元エースのように引退後事業のことや、
TV出演のことしか頭に無い方は野球のことを考えているのか、
自らの手で環境を立て直そうとする野茂と比べてはいけない。

魅力のない日本プロ野球を捨ててメジャーになった野茂、
スタープレーヤーとしてのパイオニアになった。
今度は、アマ・チームのあり方を根本から変えていくだろう。

都市対抗大会に出場は、200勝以上の価値がある!

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://shimamura.tblog.jp/trackback/36195

トラックバック

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other