寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

観たくないです。

2006.03.29 Wednesday

『惑星ソラリス』原作者スタニスワフ・レムさん死去した。
ソラリスとは、1977年に製作されたソビエトの映画だ。
ものすごい難解な映画で何をいいたいのか分からなかった。

謎の惑星ソラリス。ソラリスは人間の脳波を読みとって、
追憶を実体化する力を持っていた。
惑星そのものが生き物だったのだ。

何のこっちゃ分からんと思うが、
DVDを買ってもう一度見たけどやはり分からなかった。
リバイバルが作られたが、その映画はまだ観ていない。

この映画の凄いところは、
近未来が舞台だが、なんと首都高を延々と走るシーンがある。
都心環状線から4号新宿線へと湾岸線辰巳付近のようだ。

そのシーンは全く加工していない。
見慣れた代々木から千駄ケ谷が始めに出てくる、
当時の日本車が走っているし、ナンバープレートもまんまだ。

驚きなのか、唖然、ぼう然…
笑っていいのか混乱してくる。これでいいのかよ!
近未来の惑星にある車道が首都高かよ!

首都高の千駄ケ谷付近はJRと平行している、
もちろなのか知らんが総武線も映っている〜
リバイバルはどうなっているのか気になるけど観たくない。

内容も映像も難解でした
| マッスル | - | 01:19 | - | - |

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other