寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

極端

2009.08.15 Saturday

今春オープンしたばかりの@座高円寺に落語を聴きに行った。
『三遊亭白鳥・柳家三三両極端の会』だ。
何故両極端か、正統派古典の柳家と異端児円丈一門だからだ。

三三(さんざ)の師匠は、小三治。5代目柳家小さんの弟子。
年間で最も高座をこなす噺家だが、僕は初見。
白鳥との二人会なので、すごく期待していた。

三三は、人情話の『唐茄子屋政談』
1時間もある話だが、随所に笑いどころがある飽きさせない。
初めて聴いたが、どっぷり話にとけ込みました。

中入り後 白鳥『富Q三三ちゃんの出世完全版』
古典の「富久」をなぞっている。10年後の落語会が舞台だ。
主人公の三三は若手落語家。通称ミミちゃん。

ホントは、白鳥の自伝的内容で、。
主人公のQ蔵は新作派なので楽屋では迫害されるが、
今回は、古典派ミミちゃんが迫害される話の変わっている。

古典のパロディをさらにパロディにしているのだ。
元の富久や富Qを知らなくても、メチャ笑える、
多分、この会かぎりの話だろう。

二人会は、噺家ふたりのフリートークをやることがある。
これが実に面白い、TV芸人がやるトークなんかの比じゃない。
それだけ笑いのつぼをしっているんだろうな。

新しいだけあって、この小屋、見やすし、音も良いよ
| マッスル | 落語 | 01:00 | - | - |

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other