寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

将棋…弱かったなぁ

2005.11.07 Monday

61年ぶりに将棋界の重い扉を開いたのは35歳の会社員だった
プロ棋士になるには、プロ棋士に入門し、奨励会に入会し、
27才の誕生日前日までに四段に昇進しなければならない。

アマの強豪がしのぎ合う、三段リーグだ。
プロ編入試験六番勝負で瀬川晶司さんが3勝しプロになった。
まずは、フリークラスらしい。ちなみにプロは150名程いる。

その後、C級2組、1組、B級1組、2組、A級と昇進していく。
確か、A級は10名の定員で、そのクラスで優勝すれば、
名人戦に挑むことができる。

日本将棋連盟は特例とコメントしているが、
閉鎖的な世界のイメージある将棋界にとって、
大きなブレイクスルーだと思う。

面白かったのは、奨励会の棋士たちのコメントだ。
どの棋士も肯定的ではないどころか完全否定している。
若いせいもあるが、器の狭い連中だと感じてしまった。

話が変わるが、キングカズの移籍前のラストゲームがあった。
1ゴールをあげる活躍だった。
カズは、40才まで現役でいたいとコメントしていた。

カズは、僕と同い年であるし、瀬川さんとも年齢がちかい。
彼らは、どこまでも夢をあきらめないし頑張り続けている。
こんな僕にも夢がある。くじけてばかりだ。

ありきたりだけど、もっと頑張らないといかんね

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://shimamura.tblog.jp/trackback/58172

トラックバック

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other