寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< December 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

旧型

2009.12.14 Monday

昼前に起きて、シリアルを食べ、谷保天満宮に行く。
この日は、クラシックカー・アンティークカーが並びます。
待望のショーだ、しかも無料なのだ。

谷保天は、交通安全発祥の地たる天満宮だ。
境内に3〜40台の国内外の魅力ある車が並んでいた。
昨年は遠乗会を行っていたが、僕は撮影に専念した。

webで車の写真を見ると、立ったまま撮影しているのか、
やや俯瞰なんで、フロントよりボンネットが目立ってしまう、
車の写真は、フロントをメインにするのがカッコいい。

境内にいるのは、オッさんが多い。
彼らは、目で楽しんでいる、奥さんに当時の話をしている。
それがクラッシックカーショーの本当の楽しみ方なのかも。

僕は、しゃがみ込んでフロントメインにしたアングルで撮影。
本格的なカメラを手にしている人は座って撮っている、
みんな、車がかっこよく映る構図を知っているのだろう。

改めて感じたのは、昔の車は、個性的な顔をしている。
どの車を一目見ただけで、車種が分かる独特なフロントだ。
メーカーにそんなかっこいい車を作ってほしいもんだ。

この展示会に若い男性がひとりもいなかった。
車に興味が無い若者が少なくないとよく聞くが、
当時の魅力ある車を見れば、車心に火がつくかもしれないな。

あの車たちの前で楽しく酒が呑める
| マッスル | 地元 | 00:43 | - | - |

Profile

Recent Entries

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other