寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< August 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

昼食、

2007.08.02 Thursday

作詞家の阿久悠さんが亡くなった。
生前2回程お会いしたことがある、
ともに、以前在籍していた音楽事務所のときだ。

事務所の御大との対談をスチールを撮るために立ち会った。
その際に、阿久悠サイドから忠告があった、
とても変わった人なので気をつけてくださいと。

まぁ、御大もかなり変わった人なので、接し方は分かる。
自分勝手、他人を信用しない、常に高いところにいる、
そんな大御所が対談をすると、どんな絵が撮れるかな?

凄かった、絵にならないのだ、お互い接しようとしないのだ。
対談で、接点をみつかれば、互いの身体が近づいてくる、が、
このふたりは、ドンドン離れるのだ、身体が反っていくのだ。

さらに、お互いの声が小さくなっていくのだ。
VTRを録っていたので、ラインを使っていたので、
音声モニターから相手の声がようやく聞き取っている状態だ。

最終的にお互いが近寄らず、別な話を一歩的にしている。
社会に適応しないふたりらしい対談だったことを思い出した。
拳が熱く震えなくなったのは、大人になったことかな?

昼、久しぶりにみそ汁がゆっくり飲める食事ができた。
だが、食堂なのにコーヒーのみ注文するオヤジが来た、
タバコを吸い始めたので、オヤジから離れた席に移動した。

拳が震えるどころか、机をひっくり返したい感情がうまれた

Profile

Recent Entries

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other