寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< May 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2008.05.23 Friday

壷算

久しぶりに落語を観てきました。
寄席の夜席でも開演が17時ころなので、なかなか行けません。
僕は立川流が好きなので、なかなかチャンスがありません。

ご存知の通り、立川流は寄席には出れません。
上野と日暮里で独自の落語会を観に行くか、
あとは、個々の落語会や独演会にいくしかないのだ。

日暮里は事務所から近いが、帰宅に2時間近くかかる。
なので、年に2.3回程、立川と三鷹での会を観ている。
一昨日、巣鴨で落語会をすることを知って、早速でかけた。

『立川文都の会』文都さんは、談志の10番目くらいの弟子。
談春さんや志らくさんと同時に二つ目になった噺家だ。
初・文都だ、ゲストの談幸さんを観るが確か2度目になる。

前座は、志の輔さんの弟子が『子ほめ』。
落語を興味がない人でも聴いたことがあるという定番ネタだ、
さすが立川流、前座でこの噺でもしっかり笑わしてくれた。

次いで、文都の『反対車』。古典だが、初めて聴くネタ。
談幸はグダグダだった、みんなクスリとも笑わない、
真打でもダメなことがある、前座の方が笑いをとっていた。

そして、再度文都が登場、定番の『壷算』を噺す。
いままで、壷算を2.3回聴いているが、何度聴いても面白い、
一度、談志が噺す『壷算』を聴いてみたな。

会が終了、携帯の電源を入れると、仕事の留守電が2本あった

Profile

Recent Entries

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other