寝る時間が唯一の憩いの時

くれぐれも邪魔しないでね
<< November 2011 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

超人

2011.11.07 Monday

午後からスクール。
実技授業で組んだ相手がとんでもない輩だった。
輩が施術中に何も言わず勝手にトイレに行ってしまった。

瞬時に周りが凍りついてしまった。
え〜そんなのありかよ、我慢しろよ、アホかよ。
普通交代時に行くか、始める前に済ませろ!

それに施術中、手技をする毎気になれば、
圧があるか、強くないか、入っているか…ときくが、
彼は痛くないかときく、モチその答えは痛くないだ。

それに気付いたか、力が入っていないときいてきた。
その答えは入っていない。
普通いろいろやり直すがそのまま進めるのだ。

できる手技を終えたら、再度入っていない手技を始めた。
何度も繰り返すが、入っていない、
分からなければ講師に指導をしてもらえばいいのに。

自分が施術するときに、彼は途中から爆睡。
横向きの施術なので身体が崩れては練習できない、
何度も正すのだが駄目、目覚めてくれなかった。

授業が終わると彼は着替えず、
ラウンジでずっとゲームをしていた。
しかも次の授業に参加しないでだ。

授業がおわりラウンジに出ると彼の姿がいなかった

Profile

Recent Entries

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other